行動計画
社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、
次のように行動計画を策定する。
1.計画期間
平成30年4月1日から平成35年3月31日までの5年間
2.内  容
目標1
平成31年4月までに男性社員が子育てを目的として休暇が取得できる制度を導入する。
対 策
平成30年4月より制度の検討・代務体制を整備。
平成31年4月までに制度の導入と就業規則の改定。
目標2
子供の看護のための休暇を時間単位で取得できる等の就業規則の規定を再度周知し利用し易くする。
対 策
すでに規定されている育児・介護休業等の条文を抜粋して社内の掲示板に掲示し周知を図る。
目標3
所定外労働時間の短縮・削減のための措置を実施する。
対 策
所定外労働を部署・業務ごとに把握し、効率よく内容を見直すことで労働時間の短縮を推進する。
運転職特有の手待ち時間の削減のため、日報・タコグラフを細かく分析するとともに、
顧客交渉を具体的な内容で推進し、手待ち時間削減を実現する。